【エアドロップ情報】Ethereum Key(ETK)【仮想通貨】

スポンサーリンク




エアドロップ情報(ETK)

どーもー。OK伝説の社畜君OK伝説@仮想通貨です。

今回はEthereum Key(ETK)という仮想通貨のエアドロップの紹介です。

エアドロップは配布量や期間が決まっており、基本的には早い者勝ちです!

簡単な登録だけでノーリスクで資産が増えていくので、コツコツと続けていきましょう。

ちなみに僕のエアドロップ戦績はこんな感じです。

登録は済ませているけど、まだ配布されていない通貨が物凄くたくさんあるので、今後もっと増えていきます。

今のところ、ほぼ無価値ですが、将来どうなっているのか楽しみです。

答え合わせは5年後ですかね(`・ω・´)キリッ

さて、話がそれてしまいましたが、Ethereum Key(ETK)のエアドロップについて紹介していきたいと思います。

\エアドロップ参加の前に/

 
 

Ethereum Key(ETK)

Ethereum Key(ETK)のエアドロップ参加手順です。

■用語解説

・MEW等
マイイーサウォレットやメタマスクといったイーサリアムベースの仮想通貨ウォレットのことを指します。
※エアドロップの受取に必須ですので、必ず用意しておきましょう。
※取引所のイーサリアム受取アドレスでは、エアドロップの受取が出来ないので注意して下さい。

1.Ethereum Key(ETK)の公式ページへGO

エアドロップ参加のためにEthereum Key(ETK) の公式ページへ行きましょう。

Ethereum Key(ETK)

エアドロップにはスキャム(偽)サイト等も多数存在します。MEW等の秘密鍵を求められるエアドロップは100憶%詐欺と断定出来ます。秘密鍵は絶対に誰にも教えないように注意して下さい。

2.基本情報の入力

上記の公式ページのリンクに飛ぶと以下のような画面に移ります。

「Username」は本名ではなく、ニックネームで大丈夫です。

「Enter 4 digits pin」に入力する4桁の数字は、後ほど本人確認の際に使用するので、分かるように控えておきましょう。

全ての項目が入力出来たら「REGISTER」ボタンを押して次に進みます。

3.指定されたタスクを実行

登録が完了すると、ダッシュボード画面に遷移し、次のような画面が表示されます。

「JOIN AIRDROP」ボタンを押すと

こうなります。

上から順番にタスクをこなしていきましょう。

ちなみに、Twitterとテレグラムのタスクは必須のようです。

僕はビットコイントークなどは使っていないので、Twitterとテレグラムのみ、タスク(フォロー等)を実行しました。

出来る範囲のタスクを実行し終えたら、「OPEN AIRDROP FORM」を押しましょう。

するとこんな画面に切り替わります。

最初に設定したユーザー名(ニックネーム)、Twitterとテレグラムのユーザー名は必須項目です。

その他、埋めれる場所があれば埋めて、「SUBMIT」ボタンを押して登録完了です。

最後に、ダッシュボードに戻って、アカウントの本人確認をしておきましょう。

「VERIFY ME NOW」ボタンから最初に登録したアドレス宛にメールが送られてくるので、確認をしましょう。

ちなみに、エアドロップで盛況しているせいか、メールサーバーがダウンしたようで、現在はアカウント確認が停止しております。笑

メールは停止していますが、エアドロップのフォーム提出は可能なので、先に進めておきましょう。

最後に、エアドロップを受け取るためのMEW等のアドレスを登録します。

ダッシュボードに戻ると、次のような画面があります。

「Wallet」欄にMEW等のアドレスを入力し、最初に設定した4桁のPINコードを入力、「UPDATE PROFILE」を押して完了です。

若干手間ですが、めんどくさがらずに、エアドロップには積極的に参加しましょう。

ETKは、ICOも開催しているので、興味があったらICOに参加してみても良いかもしれません。

プレセールなどは実施していないので、なかなか好感のもてるICOかと思います。

今回はここまでです。

それでは皆さん、良い仮想通貨ライフを!

ではではー。

※本ブログに掲載されている記事の内容については、正しい情報を提供することに努めていますが、提供している記事の内容及びリンク先からいかなる損失や損害などの被害が発生したとしても、本ブログでは責任を負いかねます。
ブログで紹介している各種商品・サービス等のレビュー、その他主義・主張・意見については本ブログ運営者の個人的見解です。効能・効果を保証するものではありません。 商品のご購入、サービスのご利用は読者様個人の判断により自己責任でお願いいたします。
スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする