仮想通貨 Envion(EVN)について紹介

スポンサーリンク




注目ICO:Envion(EVN)について紹介

どーもー。年度末に向けて仕事が忙しくなってメンタルズタボロのOK伝説社畜君OK伝説@仮想通貨です。

さて、今日は Envion(EVN)という仮想通貨について紹介したいと思います。

※本ブログは当該仮想通貨への投資を促すものではありません。仮想通貨への投資はご自身の判断と責任で投資してください。投資は必ず余裕資金で行いましょう。

Envion(EVN)ってどんな通貨

Envion(EVN)の基本情報

・ICOステータス:成功

・通貨記号:EVN

・ICO価格:1ドル/トークン

・総発行枚数:124,500,000枚

・取扱い取引所:Hitbtcに上場予定(1/25現在 今後増える可能性あり)

・ホワイトペーパー:公式サイト

Envionの事業は、簡単に説明すると、移動可能なマイニング機器を開発して、自然エネルギーなどの再生可能なエネルギーを効率よく活用できる場所でマイニングを行うというものです。
 
公式サイトにある動画が分かりやすいのでリンクを張っておきます。
 

マイニング事業というだけあって、EVN保有者は、マイニングによって得た利益を配当として受け取ることができます。

なんだか最近ポートフォリオが配当系に傾きすぎな気が( ^ω^)・・・

また、配当の一部は自動的に再投資分に回されるので、複利によってどんどん配当が増えていくという特徴があります。

仮想通貨版クラウドマイニングといったところでしょうか。

最近では電気代の安い中国でマイニングが禁止されたりと、衝撃のニュースもありましたね。

マイニングと電気代(エネルギー)は切っても切れない関係にあります。

そういう意味で、自然エネルギーを利用する、また持ち運び可能なマイニングユニットという二つの強みを持ったEVNは個人的に気になるプロジェクトです。

スポンサーリンク

Envion(EVN)の配当について

公式サイトに行くと、このような図が紹介されています。

年利161%

う~ん。正直、あまりにも利率の良すぎるものはちょっと疑惑が残ってしまいます。

もうICOは終了していますが、僕は実は購入済みです( ^ω^)・・・

すきゃむだったらブログでメシウマ記事を投稿するので笑って下さい 😉 

うそをうそであると見抜けない人には(ICO参加は)難しい

まとめ

いかがでしたでしょうか。

自然エネルギーを利用して最適な場所でマイニングを行う。マイニングで得た利益はEVNトークン保持者に配当として支払われる。

スキャムじゃなければ、かなり期待の出来るプロジェクトです。

直近ではHitbtcという取引所に上場予定ですが、マイニングによる配当が売りなので、しばらくは保有して様子を見たいと思います。

もしちゃんと配当が貰える超優良通貨だったらまたブログでまとめるので、その時は全力でおすすめをします。

※1/25現在、まだどの取引所も取り扱っていません。

ではみなさん、よい仮想通貨ライフを 😉

スポンサーリンク

スポンサーリンク







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする